無修正動画サイトのリンク集の入り口は下にあります

無修正動画サイト リンク集 Ona2.Biz とは

「無修正動画サイト リンク集 Ona2.Biz」へようこそ。このサイトでは、世界各地にアップされている無修正動画情報をリンク形式で紹介しているサイトです。個人で楽しむサイトとして活用ください。世界各地には、色々な文化があり、それぞれの法律や社会的な問題などもあり性に対する考えは色々あります。海外のアダルトサイトを見ると世界の性嗜好を知ることができるだけではなく違いも知ることができます。日本と海外の性に対する考えの違いは、特に風俗産業の考え方に違いがあります。海外の多くの国では、風俗には「本番有り」が前提である事が多いです。いわゆるセックスを含めた行為がサービスの中に含まれているのです。これは売春自体が適法なので、セックスの対価としてお金をもらったとしても、そこに違法性はないからです。ストレートに売春が商売として成り立っているということです。しかし、日本では1958年に施行された売春防止法により、売春の斡旋や売春をさせる行為は刑罰の対象になっています。特に売春を助長させる(売春斡旋、売春をする場所の提供、売春業を営む)行為には厳しい罰則がある。その為「売春」は禁止だが、本番なしサービスがいわゆる「風俗」として国からの認可制という形で存在しています。本番有りのサービスを提供すると違法風俗店となり摘発対象となります。日本の風俗の特色として海外の風俗に比べ、多様化が進み様々な形態やジャンルの風俗店が存在しています。これは、世界各国の風俗店を見ても「本番禁止」が前提の風俗店は日本くらいしかないでしょう。 「本番なしのプレイ」でいかにお客様に楽しんでもらう為に、利用客の嗜好・要望に合わせたプレイ内容や業態が増えていったことが一つの理由です。 いわゆる「イク(射精)」が目的の肉体的な性的満足だけではなく、ストレス解消・癒しなどを目的としたコミュニケーション重視の精神的満足を提供するプレイ内容や様々な性癖を持つ方の性欲を解消するためのを展開し、 風俗業界の競争が活性化した事が考えられています。もっと手軽にイクことを楽しむ方法として無修正サイトが増えたと管理人は考えます。

無修正サイトの歴史と今後

アダルトサイトの発展は、インタネットの普及が非常に大きいと言っても過言ではないと思います。戦後、高度成長と共に出現したのは成人図書です。「見えない部分を見たい」という欲求から女性の陰部や結合部分を墨で塗りつぶされた裏本(ビニ本)が裏で流通していました。その後、家庭用ビデオが普及し、いわゆるアダルトビデオが主流になりました。この頃、深夜放送で有名な11PMなどが放映され、今より過激でオッパイや乳首、ヌードなどを録画しては楽しんだものです。当初のアダルトビデオは、オナニー動画を見せるAVが多く、宇宙企画の作品が人気でした。今思えば、裏本(ビニ本)しかない時代に家庭のビデオで女性のオナニーを見ることができ非常に刺激的でした。その後、アダルトビデオを制作する会社も増え作品も充実したことでビデオレンタルショップ等のお店が出来始めました。今までは購入して楽しむ事しかなかったアダルト動画の世界が借りて見るに変わったんです。当時のレンタル料は、1本14,800円のビデオならレンタル料1,480円と、今では考えられない位の高額でしたが、それでも性欲が抑えられない若者は頻繁に利用したものです。美人というよりヤンキーやとブチャイクばかりでしたで、いま見たいに可愛いかったり美人なモデルさんも少なかったので、あまり不満も感じず興奮して楽しんでました。そして、レンタルビデオが普及すると人気作品を出すために徐々に女性モデルの質も高くなりう美少女路線のAV女優が出現しました。そして、当時のテレビの中もアイドル全盛、AVもアイドル時代を歩んだわけです。この頃になるとアリスJAPAN、クリスタル映像など沢山のAVメーカーが沢山のAV女優、AVアイドルを使って世の中にじゃんじゃんアダルト動画を出していきました。飯島愛さん、黒木香さんら人気AV女優はテレビにも出演して、AV女優という地位も確立した時代でもあります。当時のモザイクは凄く大きく、荒かったので、目を細めてもアソコは見えませんでした。この欲求を解消する為に男性雑誌の広告で「モザイク除去装置」なるものが目立つページも多かったです。買っちゃった人もいたのではないでしょうか?こうしてアダルトビデオ全盛期に突入した中で登場したのが裏ビデオです。当時の裏ビデオはマスターテープをダビングにダビングを重ね非常に質が悪いものでした。それでもモザイクから解放された男性諸君は涙を流しながらアソコも濡らしたものです。この時代の入手経路の多くは、今と違ってネットで購入できる時代ではなかったので、レンタルビデオ店の店主が「お客さんいいのありますよ~」的で入手できたのが一般的です。また、ビデオカメラも普及した為、素人が個人で撮影した素人モノを修正せずに流通するなど沢山の今で言う無修正動画が世間に顔を出してきました。さらに1990年代になるとアダルトビデオの全盛期となり、レンタルビデオでAV借りるか友達同士で裏ビデオをさらにダビングして劣化させてのを見て楽しむ時代でした

アダルトビデオからネットの時代へ

1990年代になるとPC9801などのパソコンが一気に普及し、同時にプロパイダーサービスも登場しインターネットやメールが楽しめるようになりました。インターネットが普及しはじめた頃は通信速度も遅く、データを保存するハードディスクも高価であった為、エロ画像が主流の時代でした。その為、大きな画像1枚見るのに1分以上かかることもありました。しかし、しばらくすると海外サイトで「無料で凄いのが見られる」と世の中の男性を騙す落とし穴的サイトが出始めました。「ダイヤルQ2」の登場です。「凄いのが見られる」=裏本画像でまだアダルト動画ではなかったのですが、世の中沢山落とし穴にはまり世間を騒がせましたね。しかし、海外に電話回線=ネット回線、電話をかけた状態でサイトを見るわけですから、もの凄い通話料の請求が後でくるわけです。また、今の時代もワンクリック詐欺サイトに引っかっり被害者が増え始めたのもこの頃からです。さらにインターネットの技術は進歩し、電話回線がADSLと進化、しばらくすると光回線が登場し劇的にネット回線が早くなってきました。こうなると、もう画像が主のサイトやQ2サイトは衰退してきました。変わりに出てきたのがDMMやカリビアンコム等の有料会員制の動画サイトです。自分が見たい場合はクレジットカードなどで、前払いをし動画を購入して見て楽しみます。この時代になるとビデオもDVDへと少しずつシフトされてきました。今までレンタルで借りて見てたAVや裏ビデオが、ネット上で手軽にダウンロードして楽しめる時代がきたわけです。裏ビデオの個人の入手は手軽ではありませんでしたから、手軽に見られる無修正動画サイトが主流となりました。この有料アダルト動画サイトの初期配信は・・・裏ビデオばかりでした。今みたいに、オリジナルで制作しまたというのはなく、どのサイトも作品タイトル名は違っていても同じ裏ビデオでした。しかし、各アダルト動画サイトの中身が裏ビデオ一辺倒から徐々にオリジナルの動画を制作して配信するようになってきました。当時、及川奈央さんとかが代表的なAV女優でした。彼女は、アダルトビデオではパットしませんでしたが、無修正動画サイトのオリジナル作品出演で一気に有名になりました。そして、無修正動画だけではなく、アダルトビデオでも売れ始めテレビのバラエテイまで出演するぐらい知名度も人気度も上がった人が出てきた成功者の1人です。現在でも、相変わらずどこのサイトでも配信してる裏的な作品を流してるサイトも存在しますが、今は大半がオリジナル動画にこだわったサイトが多くなってきました。だから、一人のAV女優にこだわったとしてもAサイト、Bサイト、Cサイトで別々のオリジナル動画があるわけです。見る方としては、色々なサイトでオリジナル作品がリリースするので複数のサイトと契約したりと経済的な負担が大きくなってきました。そんな中で登場したのが有料動画サイトと相反して無料動画サイトなるものも出現してきました。FC2動画やXvideo等、無料動画投稿サイトなるものもありますが、安全でない危険の場合もあります。無料動画の落とし穴。さて、初期はAV女優の作品を中心にしてるサイトが多かったわけですが、世の中女優以外にも好きな女性のタイプがありますから、熟女専門サイト、盗撮専門サイト、素人専門サイトなどどんどん専門サイトが増えて今では多数の有料アダルト動画サイトが乱立しています。スカトロや排泄専門まで個人の趣味に沿ったアダルト動画サイトがありますから、気軽に自分の趣味が楽しめる時代になりました。

海外のサイトをアクセスする前に注意事項(必ず読みましょう)

「無修正動画サイト リンク集 Ona2.Biz」は、性的描画が含まれるサイトをリンク形式で紹介するサイトです。その為、未成年および就学中の方はアクセスをしないでください。また、リンク先へのアクセスはご自身の責任で行ってください。当サイトでもコンピュータウイルス等のチェックなどは実施していますが、万が一、感染した場合は自身で対処ください。特に注意すべき事項については、下記の内容を良く読んで正しく利用ください。

無修正サイト永遠の問題 コンピュータウイルス感染に注意!

当サイトでは海外の無修正動画をリンク形式で紹介しています。リンクを掲載する時点でウイルスに感染しているかチェックしています。しかし、リンク掲載後に内容の変更や動画そのものがウイルスに感染する場合がありますので注意しましょう。コンピュータウイルスに感染しない方法としては、次の3つが基本の対策になります。①.ウイルス対策ソフトを利用する ②.Windowsを最新の状態にする ③.怪しいホームページやメールに注意するがあります。

ウイルス対策ソフトを利用する

コンピューターウイルスの感染予防にはウイルス対策ソフトを使用するのが一般的です。 ウイルスの侵入からパソコンを守り、ウイルスを退治してくれるだけでなく、ウイルスに感染していないかどうかのチェックをしてくれる機能も含まれています。

Windowsを最新の状態にする

Windowsには、Windows Update(ウィンドウズアップデート)という機能が搭載されています。 Windows Updateを行うことで、お使いのパソコンに入っているWindowsを常に最新の状態に保つことができ、新しいコンピューターウイルスからパソコンを守ることができます。 コンピューターウイルスは日々進化しています。古い状態のままでパソコンの利用を続けていると、新しいコンピューターウイルスが入り込む隙を作ってしまうこともありますので、Windows Updateは必ず行うようにしましょう。

怪しいホームページやメールに注意する

ウイルスは悪性のホームページなどで配布されていたり、メールに添付されていたりなど、さまざまな経路でコンピュータに侵入してきます。悪性ホームページに接続する可能性のある迷惑メールや掲示板内などのリンクに注意する、不審なメールの添付ファイルを開かないなどの対策が必要です。最近では、SNSなどで用いられる短縮URLが、悪性ホームページなどへの誘導に使われる例も出てきており、これにも注意が必要です。特にリンクさきからさらにリンクする場合には注意しましょう。

身代金要求型ウイルス「ランサムウェア」の対処方法

近年、パソコンに感染してファイルを暗号化し身代金を脅迫する身代金要求型ウイルス「ランサムウェア」によるサイバー攻撃が活発になっています。 2016年は「Locky」、OS X初のランサムウェア「KeRanger」、スマホを狙う「AndroidOS_Locker」。2017年は「WannaCry」が世界で一気に流行し多くの被害が出ています。 この状況に情報処理推進機構(IPA)も注意喚起を呼びかけています。 コンピュータやシステムの脆弱性を狙ったランサムウェアによる攻撃の被害は世界で爆発的に増えており、日本企業も続々と被害を受けています。 万が一、ランサムウェアに感染したときの対処法や感染しないための事前対策についてご説明します。

身代金は払わないようにする

「ランサムウェア」などのコンピュータウイルスに感染してもお金を払ったり、メールや電話で連絡はしないのが基本です。身代金を払っても、解決しないどころかさらに悪い状況になる危険があります。身代金を払うことには、こんなリスクがあります。 お金を払ってもサイバー犯罪者が約束を守る保証はどこにもありません。払ったとしても弱みにつけこまれ、復元どころかさらに金銭を要求される恐れもあります。 「お金を払う標的」とみなされ、別の攻撃を仕掛けられる恐れがある 脅迫すればお金を払うターゲットとして攻撃リストに追加され、別の犯罪の標的にされる危険があります。 サイバー犯罪増加の手助けになってしまう 攻撃者に資金を与えることで、攻撃者活動を活発にさせ、さらに被害者を増やすことにつながる恐れがあります。

「ランサムウェア」の対処方法

「ランサムウェア」に感染した場合、LANケーブルを抜いたり、無線LAN機能を無効化するなどしてネットワークから切断感染した端末を切り離します。切り離すことで他のパソコンへの感染を防します。 次に行うのが最新状態に更新されたセキュリティソフトで、パソコンをスキャンします。そのまま放置しておくと、別のウイルス侵入や情報流出につながる危険がありますので早めに処理を実行することをお勧めします。 また、「Ctrl」+「Alt」+「Del」を同時に押して「タスクマネージャー」を起動させて問題のプログラムを強制的に終了させることで問題が解決することが多いです。しかし、一部のウイルスは、「タスクマネージャー」の起動を阻止する細工をしているものもあり復旧が難しい場合には、専門機関へ連絡してください。 サイバー事故対応(フォレンジック)をおこなう専門サービスへの依頼が安全です。 むやみに触ってしまい状況悪化する前に、プロの手で対処すれば解決する可能性もあります。 相談は無料で、料金がかかるのは申込後、作業開始してからというサービスもあります。 IPA(情報処理推進機構)では連絡先のほか相談前に整理すべき情報や、インターネットで困ったときのその他相談窓口も紹介されています。

無修正サイトと児童ポルノ禁止法違反について

児童のわいせつ画像を記録したDVDを所持したとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)で検挙されるケースが増えています。「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(略)に係る記録媒体その他の物であって・・・(中略)児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものをいう。詳しく説明しますと児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって、性欲を興奮させ又は刺激するもの衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、性欲を興奮させ又は刺激するものが該当します。今回の法律では、児童ポルノの作成、流通及び公開に関する行為は、全て禁止されているということです。従来、児童ポルノをただ閲覧することは禁止されていませんでしたが、近年単純所持も禁止されるようになりました。児童ポルノに関する上記の行為には、「所持」をはじめとして、「自己の性的好奇心を満たす目的」が必要とされているものがあります。つまり、児童を性的な対象として見ている限りで、児童ポルノとして問題になるということです。その為、写真集等はもちろんのこと、パソコンの中にデータとして持っているという場合も、児童ポルノの「所持・保管」に該当するので、注意が必要です。ただし、法律上、自己の意思に基づいて所持・保管するに至ったことが必要とされています。児童ポルノで有罪になると、懲役刑または罰金刑が科せられます。懲役刑の長さも、罰金刑の金額も、児童ポルノの行為の内容によって異なります。しかし原則として、児童ポルノを自分のために所持した場合、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金他人に製造・提供した場合、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金不特定多数に提供、又は公然と陳列した場合、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金に処し、又はこれを併科となっています。

無修正無料サンプル動画





お勧め無修正動画サイト




アクセスランキング

相互リンク 新規登録 編集・削除